組み込み機器・ハードウェアの設計開発から装置製作まで社内一貫対応!

組み込み機器・ハードウェア設計製作.com
組み込み機器・ハードウェア設計製作.com

produced by株式会社アイディアイ

技術情報・技術コラム

SoMとしてのRaspberry Piの活用と組み込み開発

当コラムでは、Raspberry Piの活用と組み込み開発について、SoMの視点から解説していきます。

>>Raspberry Pi 応用システム開発サービス はこちら!

razupai

SoMって何?

SoM(System on Module)とは、システム全体を小型のモジュールとして集約したもので、CPU、メモリ、ストレージ、そしてI/Oポートなどの重要なハードウェアコンポーネントが一つのボード上に統合されています。メインボードと接続して利用することで、特定の機能を、複雑な開発を行わずに付加することが可能になります。
SoMの活用により製品開発リードタイムの短縮が可能となり、CPU周辺回路のような複雑な開発も不要となるため、開発工数の低減を実現できます。

SoMとSoCの違い

SoMとよく比較されるのがSoC(System on Chip)です。SoCは、一つのチップ上にCPU、GPU、メモリなどの機能を集約したものです。SoMとSoCの主な違いは、SoMは複数のチップや部品が一つの基板に搭載されているのに対して、SoCは単一のチップ内に機能が集約されている点です。SoMはSoCと異なり、想定された用途に適した回路や部品を含んでおり、電源仕様や入出力仕様など基本機能が明確な場合に使用されます。

SoMとしてのRaspberry Pi Compute Module

Raspberry Pi Compute Moduleは、Raspberry PiのSoMです。このSoMは、Raspberry Piが保有する機能を小型のモジュールに凝縮したもので、組み込みシステムの開発に使用されています。Raspberry Pi Compute Moduleは、標準的なRaspberry Piと同様のCPU、メモリ、そして周辺インターフェースの機能を備えていますが、より小型で、メインボードに接続して使用することができます。

組み込み開発にRaspberry Pi Compute Module を用いることのメリット

Raspberry Pi Compute Moduleを組み込み開発に使用することには、以下のメリットがあります。なお、Raspberry Piのメリットについては以下のコラムでも紹介していますので、ご確認ください。

>>Raspberry Piを活用した組み込み開発のメリット!

開発リードタイムの短縮とカスタマイズ性

Raspberry Pi Compute Moduleは、Raspberry Piのもつ汎用的な機能が搭載されていながら小型であり、開発リードタイムを短縮したいカスタム基板の開発に最適です。求めるI/Oポートや機能のカスタム性は高く、メインボードに簡単に機能を付加することができます。

低コスト

Raspberry Piは、比較的安価に入手できる組み込みボードとして知られています。Compute Moduleも例外ではなく、低コストで高性能な組み込みシステムを構築することが可能です。

ソフトウェアライブラリが豊富

Raspberry Piは、ソフトウェアライブラリが豊富であり、既存のソフトウェアを活用してボード開発が可能です。LinuxベースのOSを使用することで、オープンソースのリソースやツールを簡単に統合することができます。

Raspberry Pi Compute Moduleを用いた当社の組み込み開発サービス!

組み込み機器・ハードウェア 設計製作.comを運営するアイディアイでは、Raspberry Pi Compute Moduleをはじめとして、SoMを活用した組み込み開発を行っています。まずはお気軽にご相談ください。

>>SoMを用いたCPUボード 受託開発サービス はこちら!

SoM
技術情報・技術コラム一覧に戻る

技術情報・技術コラム

ASICとFPGAの違いについて解説! | 組み込み機器・ハードウェア設計製作.com
  • 組み込みボード

ASICとFPGAの違いについて解説!

ASIC(エーシック)とは、ある特定の用途や分野のために使われる電子機器やシステムに搭載される、「大規模集積回路」の総称で、FPGA とは、Field Programmable Gate Arrayの文字通り、設計者がフィールド(現場)で論理回路の構成をプログラムできるゲート(論理回路)を集積したデバイスのことを指します。

当記事では ASICとFPGAについて、それぞれの違いも含めて詳しく説明しています。

組み込み機器とは?組み込み機器の例、構成、設計事例、IoTとの関係について解説! | 組み込み機器・ハードウェア設計製作.com
  • 組み込み機器

組み込み機器とは?組み込み機器の例、構成、設計事例、IoTとの関係について解説!

組み込み機器とは、コンピュータを埋め込み、ある特定の機能を実現したシステムを用いて作られた機器のことを言います。当記事では、組み込み機器とは?組み込み機器の例・構成・設計事例・IoTとの関係について詳しく解説します。組み込み機器の基礎知識を知りたい方に是非読んでいただきたい記事です!ぜひご覧下さいませ。

お問い合わせ

組み込み機器・ハードウェア 設計製作.comを運営する株式会社アイディアイは、組み込み機器・ハードウェアの設計開発代行サービスを提供しています。
試験装置や制御機器、組み込みボードなど、設計・開発委託先をお探しの皆様、お気軽に当社に御相談ください。

技術資料のダウンロードはこちらから 技術資料ダウンロ―ド メールフォームでのお問い合わせはこちらから ご相談お問合せ