組み込み機器・ハードウェアの設計開発から装置製作まで社内一貫対応!

組み込み機器・ハードウェア設計製作.com
組み込み機器・ハードウェア設計製作.com

produced by株式会社アイディアイ

設計のポイント

MRAMを使用して高頻度書き込みを必要とするアプリケーションの実装

設計内容分類マイコン開発
解決できる課題コストダウン、開発リードタイム短縮

実現したい仕様・課題

一般的に電源遮断時にもデータを保持したい場合、SRAMを電池でバックアップするか、EEPROMやフラッシュROMを使用しますが、下記のデメリットが生じていました。

・SRAM使用の場合
長期間の運用では定期的なメンテナンスが必要

・EEPROM/フラッシュROMの場合
書き込み寿命があり、長期間の運用では交換が必要

設計のポイント

バックアップ電池が不要で、高頻度書き込みが可能なMRAMを使用することで、長期間運用時におけるメンテナンスサイクルを伸ばすことが可能になります。

お問い合わせ

組み込み機器・ハードウェア 設計製作.comを運営する株式会社アイディアイは、組み込み機器・ハードウェアの設計開発代行サービスを提供しています。
試験装置や制御機器、組み込みボードなど、設計・開発委託先をお探しの皆様、お気軽に当社に御相談ください。

技術資料のダウンロードはこちらから 技術資料ダウンロ―ド メールフォームでのお問い合わせはこちらから ご相談お問合せ