組み込み機器・ハードウェアの設計開発から装置製作まで社内一貫対応!

組み込み機器・ハードウェア設計製作.com
組み込み機器・ハードウェア設計製作.com

produced by株式会社アイディアイ

設計のポイント

FPGA利用によるCPU負荷の削減

設計内容分類FPGA
解決できる課題CPU負荷低減

実現したい仕様・課題

負荷の大きな演算をCPUで行うとCPU時間が増加し、システム全体のパフォーマンスが低下する恐れがあります。負荷の大きな演算でもCPU不可を削減し、パフォーマンスを維持したいという場合、以下のような設計のポイントを考慮する必要があります。

設計のポイント

★CPU単独の構成 単位データのメモリ読み書きが発生し、最終の演算速度はCPU性能やアイドル状況に依存します。

★CPU+FPGAによる構成 入力データを高速なクロックに同期したストリーミングデータとして取り扱い、演算回路に入力して結果をレジスタに格納します。CPUの動作は入力データのメモリへの格納、演算開始のトリガ出力、結果の取得を行うだけで済み、負荷を軽減することができます。

FPGA利用によるCPU負荷の削減 | 組み込み機器・ハードウェア設計製作.com

お問い合わせ

組み込み機器・ハードウェア 設計製作.comを運営する株式会社アイディアイは、組み込み機器・ハードウェアの設計開発代行サービスを提供しています。
試験装置や制御機器、組み込みボードなど、設計・開発委託先をお探しの皆様、お気軽に当社に御相談ください。

技術資料のダウンロードはこちらから 技術資料ダウンロ―ド メールフォームでのお問い合わせはこちらから ご相談お問合せ